引越し前の準備をする

引越しをする前には、念入りに準備をしておきます。
進学や就職などで、新居に移るのが決まっていれば早い段階で計画が立てられます。
入学する学校や内定した企業が確定した時によりますが、余裕をもって引越を進めるのであれば、1ヶ月半から2ヶ月くらいの期間は押さえておくのが妥当です。

今住んでいる賃貸住宅から新しい賃貸住宅に移る際は、大家さんと不動産会社に退去連絡をしておかなければいけませんので、2ヶ月の猶予を見ておきます。
引越の準備は、3つの項目をクリアしていきます。
引越しするまでのスケジュール設定、新居探し、引越業者探しの3要素です。
引越のスケジュールは、何月何日に新居に入るということを特定して、逆算して荷造りや荷物運びの予定を立てていきます。
退去する不動産での手続き等もありますから、古い住まいから新居への引き継ぎを上手くできる ようにしておきます。

退去連絡は、住まいを出る1ヶ月前までに済ませるのが一般的です。
契約書にも、退去時の処理については明記されており、その趣旨が確認されます。
つまり、大家さんや不動産会社に転居を申し出るまでに、新居と引越業者を探しておく必要があります。
特に、新居探しが引越では真っ先に優先されますから、転居を伝えた後に住まいが見つかっていないということがないようにします。
引越業者については、事前に引越見積もりをした上で会社を決めるのがよいのです。
価格に高低差があり、無駄に費用がかからない業者を選んでいきましょう。



■推奨サイト
引越業者探しなら赤帽というサイトを利用して引越し見積もりができます →→→ 赤帽 引越し見積もり

Copyright © 2014 引越しのコツ! All Rights Reserved.